2018年03月14日

注目のレンズ NOKTON classic / CP+ 2018レポート

180314_01wl.jpg
 このコンパクトさが、いい感じでしょ♪



今回の CP+ でどうしても手にしてみたかったのが、このレンズ。
Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 Eマウント

今年になり、コシナよりようやく販売されたMF(マニュアルフォーカス)レンズなんです。
もともとは、銘玉と言われた古いレンズなのですが、クラシックレンズの味わいを残しつつ現代のカメラにマッチングさせたレンズなんですって。



メーカーさんの資料によると
個性的で美しい描写を得るべく、伝統的な対称形のレンズ構成を採用しながら最新の光学技術で再構築。
超高屈折ガラスの採用により、コンパクトなサイズで大口径を実現しています。
だそうです。。。


個人的には、コンパクトで写りのいいレンズが好みで、そんなレンズはないかな〜 なんて、いつも気にしているんですよね。
そこで目に留まったのが、このレンズってことなんですよね。


そんな期待を込めて、さっそく試写させていただきました。



180314_02wl.jpg

F5.6 で撮影してみました。
どんなレンズでも、F5.6〜F8 くらいに絞ると描画性能が格段によくなって、キリっとしてきます。

ピントを手前の花に合わせているので、花の後ろはトロ〜んと溶け出してますよね。
このトロ〜んが、自分には大切な要素でもあります ^^



180314_03wl.jpg

絞り開放 F1.4 で撮ってみました。

すると、、、なんだか背景がザワザワしてませんか?
これが、このレンズの特徴(味)なのかもしれませんが、ちょっと受け入れ難い描写に感じます。



180314_04wl.jpg

同じく F1.4 で前ボケを入れてみました。

前ボケは、ふんわりと写っているのですが、やはり後ろボケがザワザワしてますよね。


そんなわけで Voigtlander NOKTON classic 35mm F1.4 Eマウント
個人的に求める描写ではなかったな〜 って印象でした。

レンズは、使ってみないとわからないものですね。。。



ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(2) | カメラ | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

SONY 多灯フラッシュを試す / CP+ 2018レポート

180313_01wl.jpg

昨年に引き続き、SONYブースで行われていた「多灯フラッシュ」の体験会。
今年は、どうしても体験してみたくて、、、並びました〜 ^^;


自分の中のフラッシュは、逆光の補正程度の位置づけなんですよね。
しかも、今使っているカメラに装着できるフラッシュなんて持っていないんです。
最近フラッシュを使った記憶は、カメラ内蔵のフラッシュを雪の日に使ったくらいでしょうかね ^^;


ただ巷でフラッシュを使った作例を拝見すると、人物の背後から強い光を放ち、被写体のシルエットを浮かび上がらせたり、影をコントロールして立体感を増したりと、工夫次第で凄いな〜って感じる作例をたくさん見かけます。

体験会ですが、どんな写真が撮れるのか!? 興味津々で撮影してきました。



180313_04wl.jpg

撮影者の構図やピント位置などが、モニターに映し出される仕組みになってました。

コレ、、、この人こんな構図で撮ってるんだ〜 なんて見られちゃうんですよね、、、
ちょっと恥ずかしかったですね ^^;



180313_02wl.jpg

今回使用できたのは
カメラに装着した白のメインフラッシュ
左からは、青のフィルムを装着したワイヤレスフラッシュ
右からは、赤のフィルムを装着したワイヤレスフラッシュの3本を、メインフラッシュで光量までコントロールするシステムなんですって。



180313_05wl.jpg

いや〜 いい経験になりました。

何よりも驚いたのは、モデルさんのキメポーズだったんですけどね ^^
テンポ良くポーズと視線を変えてくれるモデルさん。
そのリズムに合わせて次々にシャッターを切って行くのですが、これが心地よい。

テレビで雑誌の撮影風景なんて見たことがあるのですが、まさにあの感じなんですよね。



まずいです、踏み入れてはいけない世界を見てしまった気がします ^^;




ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(2) | カメラ | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

SONY α7Mark3 瞳AFを試す / CP+ 2018レポート

180312_01wl.jpg
 SONY α7Mark3 + SEL24105G

CP+ 2018の開催直前に発表された、SONY α7Mark3

これまでのSONYの戦略では、このようなイベントに連動して新製品が発表されることはなかったのですが、
今年はCP+開催3日前に α7Mark3 が発表されたんですよね。
これには、みなさん驚いたのではないでしょうか!?



その効果もあってか、今年のSONYブースは注目度 No.1となってました。
そんな注目のブースで α7Mark3で進化した「瞳AF」を、さっそく試してきました〜 ^^




瞳AF(ひとみオートフォーカス)
人物の撮影では、顔にピントを合わせるのが基本!
できれば目にピントを合わせられれば、最高なんです。
[瞳AF]は、カメラが瞳を検出して自動でピントを合わせる便利な機能なんですよ。




180312_02wl.jpg

お姉さん、うつむいたってムダ!、、、「瞳AF」は、あなたの瞳を追い続けますよ。
たとえ後ろを向いて瞳を見失ったとしても、カメラに振り向いた瞬間から瞳を捕らえるんですから〜(笑)


ここまで精度がいいと、ファインダーを覗いているだけでワクワクしますね。




180312_03wl.jpg

カメラの前に花が飾られてましたが、花の影から狙ってもなんのその「瞳AF」が瞳を見失わないんですよ スゴっ




180312_04wl.jpg




進化した 瞳AF
自分は、人を撮ることが少ないのですが、子供のいる方やポートレートが趣味の方には、いい機能だと思いますよ。。。



ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(2) | カメラ | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

CP+ 2018

180311_01wl.jpg

パシフィコ横浜で行われた、カメラと写真のワールドプレミアショー「CP+」に行ってきました。


2010年から開催されているこのイベントですが、開催期間の3月1日から3月4日の延べ4日間の来場者数は過去最高の6万8千人を記録したんですって、、、スゴッ!
最近は、「インスタ映え」なんて言葉が流行語大賞になるくらいですから、特に女性を中心にカメラ人気が沸騰していることが、伺えます。

以前は無骨な男性が、キャンギャルを囲んで写真を撮っている姿ばかりが目に付いたものですが、今年はデジタル一眼を持ったカメラ女子がたっくさん!
以前イルミネーションを撮りに行ったときにも一眼持っている女性が多いな〜 って思ったのですが、やはり今日のカメラ業界を牽引しているのは、女性ってことなんでしょうね。。。



そんな今年の CP+ 、やはり気になるのは新製品なんですよね ^^
SONYユーザーの自分は、CP+ 開催直前に発表になったカメラ α7Mark3 が気になって仕方がない ^^;

その気になる商品の話題は、後日伝えするとして、まずは会場の様子を。




180311_02wl.jpg
 上の段では、望遠レンズで試し撮り みなさん高価なレンズに釘づけです ^^

CP+ は、各メーカーがこのような商品に触れる機会を提供してくれる場でもあるんですよね。
そんな商品に触れると、欲しくなるんですよね〜 う〜ん、危険だ ^^;



180311_03wl.jpg
 今年もFUJIFILMの展示写真がお気に入りでした



180311_04wl.jpg

着物を着た女性のポートレート写真なのですが、どこか魅かれるんですよね。
視線なのか、口元なのか、着物に落ちた影なのか、、、

なんだろう、、、




180311_05wl.jpg
 アタシには、こんな発想はないぞ ^^;

CP+ 2018
今年は、商品を見てさわっただけでなく写真家の方のセミナーにも参加してみたりと、
盛りだくさんの内容を満喫!
物凄〜く楽しいイベントでしたよ。。。


過去記事
CP+ 2017
CP+ 2016
CP+ 2015



ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(4) | カメラ | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

春の日差しに誘われて

180310_01wl.jpg
 満開のしだれ梅

暖かかった先週末
その春の日差しに誘われて、マクロレンズを持ってカメラ散歩をしてきました。

マクロレンズを持つと、ついつい近付きすぎて花のクローズアップを撮ってしまうのですが、
今日はガマンだぞ〜 と心に言い聞かせ、、、 撮ったつもりなんですけど ^^;


迎えてくれたのは、しだれ梅
街灯やフェンスなんて人工物が、果敢に挑戦してきます。

そうなんですよね、
ファインダーを覗いていると、ついつい撮りたい主役に注意が集中してしまうのですが、大切なのは周辺!
隅々まで気配りしないと、あれっ? って写真になってしまうのが、アタシの新常識(笑)




180310_02wl.jpg
 随分クローズアップしてしまいました〜(汗;) でも、個人的には好き ^^



180310_03wl.jpg
 ネモフィラに間違えそうなオオイヌフグリ ネモフィラは花びらが5枚なんですって ^^



180310_06wl.jpg
これ、ヒメオドリコソウでしょうか? 

似たような花にホトケノザというものがあるらしいんですよね ^^;
そんな名前をこれまでは気にしたこともなかったのですが、スマホ時々コンデジde写真日記 で知りました。

って、ヒメオドリコソウで合ってますでしょうか? ^^



180310_05wl.jpg
 せせらぎ




あ〜、、、 やはり花は難しいですね。
でも女性の方は、花を上手に撮る方が多いんですよね。


なんだろう、、、やはり感性なんでしょうね。。。




ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(4) | 草花 | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

初めてメジロに遭遇

180303_03wl.jpg
 ぐぐっ とトリミング ^^

カメラ散歩をしている途中、民家の軒先の桜の木に見慣れない鳥の姿が数羽、、、
よ〜く見ると、目の周りが白いではありませんか!

これって、、、メジロじゃない? 


そのとき、偶然にもカメラには望遠レンズを装着しており、何枚か撮影することができました。
それにしても、動きが早くて追うのが大変 ^^;



◇◇ メジロ ◇◇
スズメよりも小さく目の周りの白い輪が特徴で、名前の由来ともなっているんですって。
日本では冬季の寒冷地を除く全国で、低地から山地にまで広く分布しており、市街地の緑地のある公園などでも見られる何気にポピュラーな鳥なんですって。

でも、、、初めて見ました〜 ^^;



180303_02wl.jpg


初めて撮ったメジロ
こんな姿を写真に収めると、なんだか鳥を撮るのもいいな〜 なんて思うのですが、、、
鳥に夢中になると、散財するなんて耳にするんですよね。

自分には、止めといた方がいいみたいですね、、、フー 怖いこわい ^^;



ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(6) | お散歩 | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

黄昏時の走水海岸

180304_01wl.jpg

ここは横須賀走水海岸
遠浅で波穏やかな海岸は、三浦半島では数少ない潮干狩りができる海岸。
浜辺には走水水源地が隣接し、休日には大勢の方が水を汲みにくるところ。
春には水源地内の桜が一般公開され、多くの花見客が訪れる場所でもあるんです。


ただ、個人的には走水水源地内の桜が一般公開される春の時期を除いては、おまり訪れることのない場所なんですよね。



そんな走水海岸ですが、実は「関東の富士見百景」にも選ばれるほどのビューポイントがあるんですョ。
この日は、残念ながら空が霞んでいて富士山を観ることができませんでしたが、陽の傾いた黄昏時の海辺の景色を楽しんできました。


180304_02wl.jpg
 遠浅の浜辺



180304_03wl.jpg
 漁を終えた漁船



180304_04wl.jpg
 高台から見下ろした走水海岸 正面に富士山が観えるハズだったのですが…

この場所から見える海岸線は、「横須賀の東海岸」と呼ばれているんですって。
確かに東側の海岸なんですが、、、
東海岸なんて聞くと、どこかアメリカ風に響きますよね。。。




ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(6) | 海辺の景色 | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

賛否両論の黄金比でつくる親子丼

180307_01wl.jpg

週末が当番? の「おやじのキッチン」
この日は、あの日本一予約の取れない店、賛否両論の笠原シェフが教える黄金比で作る親子丼です。


そんな名店が教えるレシピなんて、どうせ手の凝ったものなんでしょ!?
なんて思うでしょうが、これが超簡単なんですよ、、、 しかも旨いんです。

このレシピで作るようになった親子丼、今では丼モノに興味を示さなかった家族も大絶賛なんです ^^
しかも簡単に作れるのですから、作っているオヤジも大絶賛! (笑)


ポイントは三つ、でしょうか
@おつゆの黄金比
醤油、みりん、水を 1:2:3 の割合でおつゆを作ります。
2人前なら、もも肉1枚に 醤油50ml、みりん100ml、水200mlでおつゆを作ります。

A出汁
以前は昆布で出汁をとってましたが、顆粒の出汁で十分に感じます。
昆布とかつおの顆粒出汁で、合わせ出汁を作ると美味しくできますょ。。。

B鶏肉の下処理
鶏肉はもも肉を使いますが、骨のような硬いところを取り除くこと。
これだけなんですが、骨みたいのが歯に当るといやですから、しっかり取り除きます。


あとはフライパンで煮るだけ
・黄金比で作ったおつゆをフライパンに注ぎ火をつけます
・昆布とカツオの顆粒出汁を加えます
・煮立ったら食べやすいサイズに切り分けた鶏肉と薄く斜め切りした長ネギを加え煮込みます(お好みで玉ねぎでもいいですね)
・肉と長ねぎに火が通ったら、よく混ぜた溶き卵を回しかけます(蓋はしません)
・ある程度卵に火が通ったら、さくっと混ぜた溶き卵を回しかけ、半生の白身を残して火を止めます(蓋はしません)
◇卵の白身が味を吸いますので、仕上げの卵は混ぜすぎないのがいいようです

もうこれだけなんですよ。
このおつゆの黄金比で劇的に丼モノが美味しくなります。


もちろん、カツ丼にも使えますよ。。。



ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(2) | キッチン | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

今宵は居酒屋風に ^^

180301_01wl.jpg
 もうすぐ食べごろですよ、、、マヨネーズを用意して っと ^^

寒いこの時期になると、無性に食べたくなるのがエイヒレ。
ウチでは、小さな卓上七輪を用意して、炙りながらいただくんですョ ^^

こうして炙りながら食べると、焼きたてのモッチリ感を損なわずにいただけますからね、、、
そりゃもう、間違いなくお酒がすすむわけです(笑)



実は、この炙りながらいただくスタイル
10年以上前になりますが、横浜の職場近くにあった「わたみん家」で出会った食べ方なんです。
当事は、エイヒレが350円? だったでしょうか。

そんな格安のメニューだったにもかかわらず、七輪が登場するのですがら、呑兵衛には嬉しいサプライズだったんですよ。



180301_02wl.jpg
 この日用意したのは、エイヒレとししゃものみりん干し

みりん干しは最近いただくようになったのですが、塩辛い肴の合間にいただくと、みりんの甘さとゴマの風味が癖になるんですよね。




180301_03wl.jpg
 ミニ七輪、直径15cmほどのこんなスタイルなんですよ


いつか、居酒屋「根掛り」をオープンしたら、看板メニューにしますかね(笑)



ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(2) | 酒と肴 | 更新情報をチェックする
カテゴリー
酒と肴(212)
キッチン(103)
漁業(167)
農業(61)
イベント(269)
(35)
お散歩(129)
食べ歩き(137)
Beautiful Japan(74)
(44)
海辺の景色(112)
街角(92)
草花(137)
自然(36)
カメラ(57)
こだわり(32)
ふるさと納税(20)
思い出(31)
ライブ(15)
未分類(26)
ひとりごと(9)
スナップ(0)
過去ログ
2020年02月(10)
2020年01月(14)
2019年12月(16)
2019年11月(12)
2019年10月(13)
2019年09月(12)
2019年08月(13)
2019年07月(15)
2019年06月(15)
2019年05月(16)
2019年04月(15)
2019年03月(15)
2019年02月(14)
2019年01月(16)
2018年12月(16)
2018年11月(15)
2018年10月(15)
2018年09月(15)
2018年08月(15)
2018年07月(15)
2018年06月(13)
2018年05月(13)
2018年04月(13)
2018年03月(19)
2018年02月(16)
2018年01月(17)
2017年12月(18)
2017年11月(17)
2017年10月(18)
2017年09月(17)
最新コメント
ドラマチックな月夜の富士山 by bottu (02/23)
ドラマチックな月夜の富士山 by kuri (02/23)
浅草 by bottu (02/21)
浅草 by kuri (02/21)
満月の三笠公園 by bottu (02/19)
満月の三笠公園 by kuri (02/19)
街角スナップ、あんな写真やこんな写真 ^^ by bottu (02/16)
街角スナップ、あんな写真やこんな写真 ^^ by kuri (02/16)
心意気が嬉しい、味奈登庵 by bottu (02/14)
心意気が嬉しい、味奈登庵 by kuri (02/14)
最新記事
(02/23)ドラマチックな月夜の富士山
(02/21)浅草
(02/19)満月の三笠公園
(02/16)街角スナップ、あんな写真やこんな写真 ^^
(02/14)心意気が嬉しい、味奈登庵
(02/12)ヨコハマ鉄フェス 2020
(02/09)monochrome
Links


kuri's blog
検索
 

タグクラウド