2020年08月08日

それ、もしや SONY の未発表カメラ α5?

先日、電車内で目撃したカメラが気になって気になって仕方ないので、記事にすることにしました


実は、横浜でスナップ写真を撮った帰り、電車で隣に座ったカップルがいたんです
カサカサという物音に、音の先に目を向けると
男性がレンズにフィルターを装着していたのですが、そのレンズは何気に細くて、APS-C?って感じだったんです


ところが、自分のカメラによく似た出で立ち、、、その意匠になんだ? と思い凝視してみたのですが、、、

200808_01wl.jpg
写真はα7R4

一見すると、軍艦部中央にEVF
しかしボディーは、α7に比較すると、一回り小さい

さらに、丸印の fn ボタンが無く、コントロールホイールとジョイスティックのみだったんです
って、疑っているでしょ
そう思って、何度も見返したのですから、間違いないんです

なんだか、シンプルなカメラだけど、ひょっとしてα6000系?
とも思ったのですが、、、


200808_02wl.jpg
写真はα7R4

上に書いたように、中央に EVF があり、さらにレンズマウントにオレンジのリングがありました
これ、、、フルサイズの証なんですよね


ってことは、次期に販売される α5 ?
ひょっとして、この方たちはフィールドテスターだったのでしょうか?



そんなわけで、見ちゃいました きっとアレがうわさの新製品 α5 です ^^




ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 08:00 | Comment(2) | カメラ | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

今更ですが写真はレンズだね

200805_01wl.jpg
なんだか一皮剥けたみたいみたいに写ってる ^^


APS-C のカメラに SEL24105G を組合わせると、 画角としては 36〜152mm相当
これって、スナップで重宝するかも? なんて思い、この組合せで歩いてみました

使い勝手としては、個人的に 35mm が好きなこともあって、なんら違和感もなく快適そのもの!


そして、気づいたのは現像のときなんですが、
第一印象は、スゲー写ってる だったんですよね

このAPS-C機に限り現像ソフトが異なるもので、そのせいもあると思うのですが
自分の中では、驚きの解像感だったんです



200805_02wl.jpg
同じ場所ですが、ローアングルで



200805_03wl.jpg
手前に金網があったもので、絞り開放でボカしてます
とはいっても F4なもので、これくらいが限界ですね



200805_04wl.jpg
横須賀らしい? 一枚



200805_05wl.jpg
よくビール瓶を見かける街だ ^^;


今回は、気が付けば全て絞り開放で撮ってますが
なかなかイイ描写だなーって思います

フルサイズ用のレンズをAPS-Cで使った場合、レンズの美味しいところを使っているとよく言われますが
この組合せ、今後出番が増えそうです。。。



ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(2) | カメラ | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

Old Lens を楽しむ

200322_01wl.jpg



Old lens

どれくらい前のものをオールドレンズというのかわからないけど
手元にある 1980年ごろに造られた MINOLTA MD ROKKOR 50mm F1.7 を α7に装着してみた

というのも、以前撮ったフィルム写真の画が、なんともノスタルジックで忘れられなく
そのノスタルジックさが、フィルムによるものなのか?レンズによるものなのか?を比べたかったからだ


そんなわけで、以前フィルムで撮ったものと同じ場所を撮り歩いてみた


フィルムで撮った写真は ↓↓↓ コチラ
フィルムな週末



200322_02wl.jpg


フィルムで撮った写真は、カメラの性能から NDフィルターを装着して絞りを開放で撮ったのだが
最近のカメラの性能に曇り空がプラスし、なんなく絞り開放で撮れた

絞りを開放にすると、周辺減光が出るみたいだけど、これはこれで嫌いじゃないな ^^



200322_03wl.jpg

みそぎ橋
ここも開放で撮ってみた、背景のボケが自然でいいよね



200322_04wl.jpg

そしていつものバス停

絞りは F5.6か8 だったかな? 背景に青空が欲しかったけど、仕方ないね



200322_05wl.jpg

窓越しの風景

F2.8まで絞ると周辺減光は抑えられるようだった


ところで、フィルム写真で気になっていたノスタルジックな画なんだけど
写真を見比べると、レンズによる効果だけではない様に感じた

やはり、フィルムとレンズの要素が重なって出た画なんだろうね




ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
タグ:SONY α7 II
posted by bottu at 07:00 | Comment(2) | カメラ | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

50mmが苦手

200110_01wl.jpg
SONY 50mm F1.4



タイトルに書いたように、実は単焦点の50mmレンズが苦手なんです。


昔から 50mmレンズは標準レンズと呼ばれ、「はじめて買ったカメラに付いてきた」って方も多いと思うのですが、自分の場合、フィルムカメラもAFが搭載されたカメラからスタートしたもので、ズームレンズが付属されていたんです。

そんな経験からか、普段使いに丁度いいと感じるのは、35mmとか40mmなんですよね。
これが50mmとなると、どことなく視野が狭く、また被写体に近寄れないのも苦手と思う一因なんだと思います。


でもね、上の写真、、、綺麗に見えませんか?
世の中には、どこのメーカーからも 50mmのレンズがたくさん発売されていて、いい写りをするものが、いっぱいあるんですよ。


そんなわけで、2020年のテーマは「50mmレンズの克服」ってことにしてみました。
1年を通して、どれくらい使う機会があるかわかりませんが、いい写真が撮れたら嬉しいなって思います。



200110_02wl.jpg

ちなみにこちらも 50mmで撮ったもの。
ロウソクの灯りだけでこんなに撮れちゃうなんて、スゴイですよね ^^






ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(2) | カメラ | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

ミノルタフィルムカメラ X-700

191129_01wl.jpg


新調したフィルムカメラ、ミノルタ X-700
今日は、少し前に購入した古いカメラのお話しですので、興味のない方はスルーしてください。。。


オートフォーカスで一世を風靡したミノルタ α シリーズの直前まで作られていた、最終型のマニュアル機で、
1981年にデビューし、その後1999年までの18年間製造されていた機種なんだそうです。
一説には、今でもメーカー修理が可能とのことでしたので、どうせ買うならってことで、この機種にしてみました。


でもね、、、お手ごろだったんです ^^


キャノンやニコンのカメラだと、普通程度の状態のカメラで数万円で売られているのですが、、、
このカメラは、ボデー・レンズ・モータードライブまで付いて、数千円と破格値! ^^

とはいうものの、毎秒3コマ撮影できるモータードライブは、すぐに取り外しました。
だって、その気になったら 36枚撮りフィルムを 12秒で使い切るんですから、マズイっしょ(笑)



ボディーに見える MPS の文字
もしや、ミノルタ・プロフェッショナル・サービス? かと思ったのですが、
ミノルタプログラムシステム(撮影時の Pモード)が使えるカメラってことらしいです ^^


その他の機能はこんな感じ
・プログラム AE
・AEロック
・露出補正 ±2
・フラッシュTTL自動調光
・シャッタースピード 1/1000まで など、、、
現代のデジタルカメラに比べたら、ふーんって感じかも知れませんけど ^^;


そしてレンズは、MD ROKKOR 50mm F1.7 が付いてきました。
この MDシリーズのレンズは、この X-700 のPモードを使うのには、必須のレンズで
Pモードにセットし、レンズを最大絞り値に固定しておくと、あとはカメラが勝手に絞り操作してくれる便利なもの。

なんだか、至れり尽くせりのセットですよね。。。



191129_02wl.jpg

こちらは、生前義父から譲り受けた、ミノルタ MCシリーズのレンズ 2本。
35mm F1.8/ 50mm F3.5 マクロ、もちろん互換性ありです。


先日、試写した結果は光漏れもなく、動作は異常ナシ。
このシャッター音が聞きたくなったら、持ち出して楽しんできますかね。。。




ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(2) | カメラ | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

フィルムな週末

191127_01wl.jpg


フィルムカメラを新調しました。
といっても、古いマニュアル機、、、
このカメラのお話は、後日お伝えするとして、さっそくフィルムを装填し、カメラ散歩に行ってきました。


選んだのは、葉山の森戸海岸。
ここから海岸線を走り、24枚の描写を楽しんできまーす ^^




191127_02wl.jpg

いつもは、モノクロフィルムを使っているのですが、この日は珍しくカラーフィルムを使ってみました。
そんなわけで、気になるのはカラフルな被写体 ^^
するとボート小屋に吊るされた浮きを見つけたもので、さっそく1枚。

ところでフィルム時代の描写って、こんな色あせた感じでしたっけ? ^^;


まぁ、これはこれで、嫌いではないけれど、、、



191127_03wl.jpg

この荒れた感、たまらんぞー ^^



191127_04wl.jpg

いつも被写体としてお世話になっている、バス停



191127_05wl.jpg

ところ変わって、秋谷漁港にやってきました。
係留用フック? のサビ感がいい感じです ^^



191127_06wl.jpg

そして24枚目、最後の1枚です、、、



フィルムな週末
撮れた写真の出来栄えを確認できるのは、数日後!
この時間の流れも、待ち遠しくて楽しく感じられます。

こんなのんびりとした写真との向き合い方も、楽しいものですね。


さて、次は何を撮ろうかな ^^



ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(2) | カメラ | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

ニコンミュージアムで社会科見学

190618_01wl.JPG
光学兵器の国産化を目指した日本光学工業株式会社のあゆみ


品川のニコンミュージアムに行ってきました。

ニコンと言えば、キャノンと並んで世界のカメラ市場の 2強と呼ばれるカメラメーカーなんです。
しかもアポロ 15号が人類史上初めて月面着陸に成功した際の記録用として、初めて宇宙に持っていかれたカメラがニコン製だったんです。

ご存知でした?



Wikipedia によると
1917年(大正6年)に光学兵器の国産化を目的として、日本光学工業株式会社が設立され双眼鏡を作り始めたのがニコンの始まり。

その後、終戦を迎え
1946年(昭和21年)ニコンブランドで35mmフィルムカメラの製造を始める。

すると瞬く間にカメラの優秀性が世界から評価され
1988年(昭和63年)社名をニコンに改称し、現在に至っているんですって。

日本のものづくりって、やっぱりスゴイって感じますよね。



自分は、ミノルタ ⇒ オリンパス ⇒ ソニーと使ってきたもので、これまでニコンの製品に興味を抱いたことがなかったのですが、
カメラという機器の発展という切り口では、とても興味深く歴史を辿ることができました。



190618_02wl.JPG
歴代のカメラ群



190618_03wl.JPG
ニコンF2、これ使っている人が多かったな ^^



190618_04wl.JPG
試作機の数々



190618_05wl.JPG
現在のレンズは不純物のない人口ガラスで作られているんですって



190618_06wl.JPG


ニコンミュージアム
おいみゃげに、ニコン羊羹も売ってましたョ。。。



ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(2) | カメラ | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

いまさらですが、G9X ってコンデジのお話し

190527_06wl.jpg
画像はCanonより拝借


今年のはじめに、以前使っていたキャノンのコンデジ PowerShot S120の調子が悪く、
同じキャノンの 1型センサーを搭載する PowerShot G9X Mark2 に代替したんです。

普段は、釣りをする際に魚の写真を撮ったり、ついでに景色を撮ったりする程度だったのですが、
先日、友人と出かけた際、夜景を撮ってみて驚いた!
これが、よく写るんですよ ^^


このカメラ、大人の事情でイメージセンサーのメーカーは公表されていないらしいのですが、
ソニー製なんですって ^^
あのソニーRX100シリーズと同じセンサーらしいんです。
以前フォトグラファーの方が、RX100で撮った画も使っていると言ってましたが、
この写真を観るとわかる気がします。



◇◇カメラの設定◇◇
ISO感度の上限を1600に設定し、通常は ISOオート。
特別な場合を除き、基本は「P」モードで使ってます。



下に写真を貼っておきました。
よければご覧ください、もちろん P モードで撮影したものです。。。



190527_01wl.jpg
みなとみらいの夜景 これ、コンデジの画なんですよ ^^

上の写真はRAWで撮影し、若干補正を加えてますが、手持ちでここまで写れば十分に感じるんですよね。
EXIF:Pモード/ f2.0/ iso500/ ss30分の1秒



190527_02wl.jpg




190527_03wl.jpg




190527_04wl.jpg




190527_05wl.jpg


まだ試せてませんが、あとは光状が綺麗だったら言うことないですね ^^




ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(2) | カメラ | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

フォトコンテストの記念品が届きました

190417_01wl.jpg
こんなに沢山の記念品をいただきました


少し前ですが、横須賀市のフォトコンテストに入選し、その記念品が届きました。


・表彰状
・市役所に展示されていた写真パネル
・海軍カレー(レトルト)
・シャープペンシル
・入選写真が印刷されたクリアファイル
・レンズ交換式カメラ(ニコンの一眼レフでした)

一番の驚きだったのが、入選した写真をプリントした、クリアファイルとニコンのカメラ、、、いや〜 ホント感謝です。。。


このクリアファイル、入選した写真がモノクロで、華やかさに欠ける気がするのですが、発売するんでしょうかね?
なんて、つまらない心配までしてしまいました ^^;

そして、いただいたカメラ ニコンD5300。
現在の販売機種は、D5600のようですので、前モデルの機種がなんで? なんて思ったのですが、、、
2018年に新しいレンズとの組み合わせで、再販されたモデルの様でした。

う〜ん、チトややこしい ^^;



そんなわけで、さっそくニコンの一眼レフで試写してきました。
キットレンズは、18-55mm (換算27-83mm) F3.5-5.6 と標準域をカバーできるズームレンズです。

ってことで、横須賀のヴェルニー公園に行って来ました。



190417_02wl.jpg
大砲と護衛艦



190417_03wl.jpg
自衛隊の潜水艦と米軍の駆逐艦



190417_04wl.jpg
公園の案内板


いろいろ試したのですが、行き着いた結論としては、ISO オートのPモード (プログラムオート) で撮るのが一番のようです。
そんなわけで、上の写真はすべてPモード、JPG撮って出しです ^^


今後は、家族で使う一眼レフとして、活躍してもらおうと思います。
選考委員のみなさま、ほんとにありがとうございました。




ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(2) | カメラ | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

Zeiss と Voigtländer

今日は、最近気になっているカメラのレンズのお話し。

レンズなんて、どれでも一緒なんて思っている方も多いと思いますが、
写真は、レンズ次第で描画も雰囲気も変わってしまうものなんですよね。



そこで、今年のCP+で、気になるレンズを試してきましたので、そのお話です。


今、気になっているレンズは、この3本。

190326_01wl.jpg
フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical/ MF

190326_03wl.jpg
フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Aspherical/ MF

190326_05wl.jpg
ZEISS Batis 2/40 CF/ AF


これらのレンズは、単焦点レンズと呼ばれる焦点距離が40mmから65mmのレンズなのですが、
それぞれに個性があって、どのレンズも自分には魅力的なんですよね。

それに、この焦点距離なら、これ1本装着して旅行にも行けそうかな? なんて思うんですよ。




ではさっそく、その写りを!
190326_02wl.jpg
フォクトレンダー MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical

この写真は、F2 で撮影してます。
もう少し絞った写真もあるのですが、お客さんの顔が写っているもので、そこはご勘弁ください。




190326_04wl.jpg
フォクトレンダー NOKTON 40mm F1.2 Aspherical

F4 で撮影してます。
目の前のプレートを撮っているので、ボケが極端かも知れませんが、F4でこのボケ! いかがです?



190326_06wl.jpg
ZEISS Batis 2/40 CF

この写真も、F4 で撮影してます。
撮影環境が違うので、一概に比較とは行きませんが、、、



190326_07wl.jpg
ZEISS Batis 2/40 CF

このレンズ、ここまで寄れるってのも、武器でしょ!
アタシなんて、居酒屋で料理撮ることも多いもので、この寄りは魅力的ですよね。


どれか、お好みの写りはあったでしょうか?
って、たったこれだけの写真じゃ、判断できないのも承知しておりますが、、、(苦笑)



まるで青春時代のような、あの娘と付き合いたい!? なんてそんな表現がしっくりくるかのような、、、
そんなレンズのお話でした。。。 ^^;





ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
↓みなさんの応援クリックが励みになります。。。
posted by bottu at 07:00 | Comment(2) | カメラ | 更新情報をチェックする
  • « August,2020
  • 1 23 4 56 7 8 910111213141516171819202122232425262728293031
カテゴリー
酒と肴(219)
キッチン(105)
漁業(168)
農業(66)
イベント(271)
(35)
お散歩(138)
食べ歩き(139)
Beautiful Japan(84)
(47)
海辺の景色(119)
街角(96)
草花(145)
自然(38)
カメラ(60)
こだわり(33)
ふるさと納税(20)
思い出(32)
ライブ(15)
未分類(26)
ひとりごと(15)
スナップ(7)
過去ログ
2020年08月(6)
2020年07月(14)
2020年06月(13)
2020年05月(16)
2020年04月(15)
2020年03月(14)
2020年02月(12)
2020年01月(14)
2019年12月(16)
2019年11月(12)
2019年10月(13)
2019年09月(12)
2019年08月(13)
2019年07月(15)
2019年06月(15)
2019年05月(16)
2019年04月(15)
2019年03月(15)
2019年02月(14)
2019年01月(16)
2018年12月(16)
2018年11月(15)
2018年10月(15)
2018年09月(15)
2018年08月(15)
2018年07月(15)
2018年06月(13)
2018年05月(13)
2018年04月(13)
2018年03月(19)
最新コメント
The end of the rainy season by kuri (08/09)
それ、もしや SONY の未発表カメラ α5? by bottu (08/08)
それ、もしや SONY の未発表カメラ α5? by kuri (08/08)
夏めし by bottu (08/07)
夏めし by kuri (08/07)
スタージャンムーン by bottu (08/05)
今更ですが写真はレンズだね by bottu (08/05)
今更ですが写真はレンズだね by kuri (08/05)
スタージャンムーン by kuri (08/05)
小さな花火大会 by bottu (08/02)
最新記事
(08/09)The end of the rainy season
(08/08)それ、もしや SONY の未発表カメラ α5?
(08/07)夏めし
(08/05)今更ですが写真はレンズだね
(08/04)スタージャンムーン
(08/02)小さな花火大会
(07/31)夏のモノクロ
Links


kuri's blog
検索
 

タグクラウド